ゼニカルは食事で摂取した脂肪分の吸収を抑制してその30%を体外へ排出する薬です。しかし、薬である以上副作用が発生してしまうこともあります。ゼニカルの副作用の詳しい解説や、ゼニカルで痩せられる仕組み、ダイエットの方法について紹介します。

ゼニカルの副作用を説明する医師

オーリスタットを含んでいるジェネリック

ダイエット薬として知られているのがゼニカルです。ゼニカルの主成分はオーリスタットです。
この、オーリスタットを含むジェネリック医薬品が販売されています。
それが、オルリファスト、オベリット、オルリガル、ビーファット、オルリスタットといった商品です。
ゼニカルは、1箱42錠で、7500円程度の商品です。ジェネリック医薬品である、オルリファストは、1箱42錠で3000円程度です。
ゼニカルに対して半額程度の安い金額になります。
オベリットは、1箱30錠で6000円程度、オルリガルは、1箱84錠で10000円程度、ビーファットは、1箱10錠で3000円程度、オルリスタットは、1箱30錠で3000円程度となります。
1錠あたりで換算すると、オルリファストが断然安いジェネリック医薬品といえ、まとめ買いすることでお得になっていきます。
これらのジェネリック医薬品は、ドラッグストアや一般的な通販サイトでは購入することができません。
日本では販売が認められていないからです。しかしながら、個人輸入で購入することが可能です。法的にも認められています。
ただ、外国語で取引したり、面倒で大変な手続きが必要となるため、手軽に購入するのであれば、個人輸入の代行サイトサービスを利用することがおすすめです。
個人輸入の代行サイトサービスは、海外医薬品などを取り扱っており、サイト上では、日本の一般的な通販サイトと同じように、簡単に注文して商品を購入することができます。
もちろん、面倒な手続きも一切不要です。商品は、中身がわからないように梱包してくれるところがほとんどです。誰にも知られず、自宅で商品を受け取ることができます。
いろいろな個人輸入代行サイトサービスがあり、価格や送料が若干異なります。また、まれに正規品を取り扱っていない悪徳な業者も存在するため、いくつかの業者を比較して、信頼のおける個人輸入代行サイトサービスを見つけましょう。

ジェネリックは成分が同じだから気軽に安く使える

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許が切れたあとに販売される、後発医薬品のことです。先発医薬品と同じ有効成分を、同じ量使って作られています。
もちろん、ゼニカルのジェネリック医薬品も、主成分はオーリスタットで、ゼニカルと同じ量のオーリスタットが配合されているということになります。
また、用法・用量、効果・効能も先発医薬品と同じです。ジェネリック医薬品は、同じ成分、同じ効果が得られなければならないのです。
ただ、薬の形状や、色、味、添加物などは、変えてもよいことになっており、別の会社が特許を持っていて使えなかったり、飲みにくい薬を飲みやすくしたりという点で、先発医薬品と異なっていることがあります。
ただ、効き目や安全性が同じであることを確認するために、溶出試験や生物学的同等性試験、安定性試験など、たくさんの厳しい試験をクリアしなければ、ジェネリック医薬品を販売することができません。
ですから、先発医薬品のように安心して使用できる薬であるといえます。
また、ジェネリック医薬品は、先発医薬品に比べて、価格が安いということが魅力です。薬の中には継続して使用しなければ効果が得られないというものもあります。
その場合、費用がかさみ、継続できないということが起こることがあります。薬を安く手に入れるということは、継続するという意味でも、経済的であるという意味でも大切なことなのです。
このように、ジェネリック医薬品だからといって心配する必要はありません。ジェネリック医薬品も、先発医薬品と同じ成分であることから、同じ効果も期待でき、さらに安いという点で、気軽に安く使えるというところがメリットとなっているのです。