ゼニカルは食事で摂取した脂肪分の吸収を抑制してその30%を体外へ排出する薬です。しかし、薬である以上副作用が発生してしまうこともあります。ゼニカルの副作用の詳しい解説や、ゼニカルで痩せられる仕組み、ダイエットの方法について紹介します。

ゼニカルの副作用を説明する医師

運動で痩せる方法

ダイエットのためには運動は不可欠です。あまり偏った運動をするのではなく、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせるのが理想と言えます。
近年特に注目を集めているのは、タバタ式トレーニングです。タバタ式トレーニングは、たった4分の運動で、1時間にも相当する運動効果が期待できます。
筋力アップの目的の達成にも、痩せるというダイエットの効果も抜群です。タバタ式トレーニングは、20秒運動して10秒休むというセットを繰り返します。
これを合計8セット行うので、計4分です。初心者にとってはかなりハードルの高い運動量と言えますが、慣れればそれも快感になります。
ダイエットというと、とかく食べる量つまり摂取エネルギーによるカロリーコントロールに目が行きがちですが、運動をすることなく健康的に痩せる事は簡単ではありません。
有酸素運動によって脂肪燃焼の効果を狙うことによって、無駄な贅肉が徐々に落ちていきます。無駄な脂肪が減れば、体全体がシェイプアップされ、その結果もたらされるのがきれいなボディーラインです。
健康的でしなやかなスタイルを手に入れるために、運動はとても重要なウエートを占めます。痩せるためには、有酸素運動だけでは不十分です。
無酸素運動も取り入れることで、さらに効率よく痩せることができます。スクワットや腕立て伏せに代表されるような筋トレを、水泳やランニングなどの有酸素運動と並行して行うことで、理想のスタイルに近づくことができます。
モデルやタレントなど、美のプロとも言うべき職業の人たちが積極的に筋トレを行っていることも、その効果の高さの証明です。美しいスタイルには、筋トレで筋肉を引き締める要素は欠かせません。
タバタ式トレーニングは、有酸素運動と無酸素運動、筋トレを絶妙に組み合わせることで、運動効率を極限まで高めることができるメソッドです。
日本だけではなく、海外でも大きく注目を集めており、多くのトレーニングジムがタバタ式トレーニングを採用するに至っています。

筋力アップすることで痩せやすい体になる

タバタ式トレーニングで運動して筋力をつけ、体全体の筋肉量が増えれば、次第に痩せやすい身体に変化していきます。
筋力アップができれば、体はよりたくさんのエネルギーを消費しやすくなります。
同じ運動をしたとしても、使う筋肉の量が増しているので、多くのカロリーを消費できるということです。
カロリーコントロールを運動という側面からとらえ、アプローチできる事は大きなメリットです。
水泳やランニングといった有酸素運動は脂肪燃焼を狙える上、痩せる目的にとても効果的ではありますが、時間も場所も必要になります。
その点、タバタ式トレーニングであれば限られた場所、少ない時間で効率良く運動ができるので、ダイエットにももってこいです。
タバタ式トレーニングのやり方は意外な程シンプルです。基本は、20秒間とにかく全力で体を動かします。
運動の種類としては、スクワット、腕立て伏せ、エアロバイク、腹筋、背筋など種類は問いません。
全力で運動をすることに注力してください。優先順位のトップは種類ではなく強度です。
その後10秒間は休憩です。足踏みをして呼吸を整えるなどして次の20秒に備えます。
これを7セットから8セット繰り返せば完了です。特に慣れない最初のうちは、無理をしないのがポイントです。
体が慣れてきたら徐々に強度を上げていきます。有酸素運動と無酸素運動はできるだけ交互に行います。偏りりなく行うのがコツです。
脂肪燃焼と筋力アップを同時に図ることができる点が、タバタ式トレーニングの大きなメリットの1つです。時間も最小限で済むので、仕事や学業で忙しい人にも向いています。
体から脂肪が減っていくと同時に、筋肉量は増し、たくさんのエネルギーを使いやすくなります。つまり、太りにくく、痩せやすい身体になっていくということです。