ゼニカルは食事で摂取した脂肪分の吸収を抑制してその30%を体外へ排出する薬です。しかし、薬である以上副作用が発生してしまうこともあります。ゼニカルの副作用の詳しい解説や、ゼニカルで痩せられる仕組み、ダイエットの方法について紹介します。

ゼニカルの副作用を説明する医師

食事制限だけのダイエットはリバウンドする?

スリムな体型は誰もが憧れます。くびれた腰や美脚は、どの様なスタイルの衣服も似合います。
ダイエットに励む女性も多いですが、思い通りの痩身を獲得できる人はそれ程多くないのが現実です。
殆どの人はダイエットをする際、食事療法を中心に進めていきますが、食事制限の仕方が不適切である場合が殆どです。
食事制限は必要最低限の栄養を確保しながら慎重に行なうのが基本となります。食べる量を減らすだけのダイエットでも、ある程度続ければ、体重が減少します。
しかしこれは一時的な脱水症状によるものなので、直ぐに元の状態に戻ってしまいます。そして長期間に及ぶ食事制限をしている人の中には、ストレスが溜まっている人がいます。
食べたい物が食べられないという状況は結果が伴わないと、ストレスが増大します。その様な人が陥りやすいのが過食症や拒食症です。
深刻な摂食障害となれば、専門医による適切な治療が必要なケースもあります。急激な体重の変化を伴うリバウンドをくり返す事は痩身を得られないばかりか、健康を損なう原因となる場合もあります。
しかも代謝機能が低下しているので、ニキビやふきでもの等が生じやすくなり、美容の面から見てもマイナスです。ダイエットを効率的に進めていく為にはメンタル的なケアをしていく事も必要です。
特に気分に流されやすい人は、流行りのダイエット方法をいくつも試してみたものの、途中で止めてしまう人が多いです。
体重の変化に一喜一憂せず、しっかりとした栄養管理をしながら、長期的なダイエット計画が必要になります。その為には、今まで自分のしてきたダイエット方法に関する認識についての間違いを認める事も必要です。
リバウンドを生じる事なく、理想的な痩身を獲得する為には、ダイエット方法についての基本的な知識を蓄える事が先決です。
自信の無い人は、ダイエットを上手に進められた人のアドバイスを受けながら、慎重に進めていくのも良い方法です。

ダイエットをしても毎日の栄養バランスは重要

健康的な痩身を得る為には、栄養バランスの取れた食事を毎日3回摂取する事が必要です。
食べなければ痩せるという思い込みは間違いなので注意が必要です。特に炭水化物やたんぱく質、脂質は三大栄養素と言われ、人間の体には欠かせない成分です。
これ等の役割を踏まえた上で栄養管理をしていく事が必要です。メタボ体型の人の多くは、お腹や腰まわり、太もも等の体脂肪が目立ちます。
特に表面に凹凸がある脂肪の塊はセルライトと言われ、老廃物を巻き込みながら硬くなっています。肥満体質を抜け出せない人の多くは、これ等の体脂肪を解消できずに生活しています。
見た目が悪いので、他人の視線も気になります。更に高血圧や糖尿病等の生活習慣病を患う確率が高くなるというデメリットがあります。
まずは偏った食生活を見直す事からはじめます。摂取カロリーを抑える為には綿密な計算が必要です。
糖質制限ダイエットのように、糖質制限をする為には炭水化物も控える様にします。
揚げ物等を避け、脂質制限もします。しかしどの成分も不足すれば体調を維持できなくなる恐れのある成分なので、極端な制限は禁物です。
特に糖質制限し過ぎると、めまいや冷や汗を生じ、人によっては意識が朦朧とする場合もあります。そして脂質は、生体膜やホルモンの成分の1つでもあります。
脂質制限し過ぎると、肌の潤いを失い、乾燥肌等の肌荒れの症状を招く可能性もあります。これ等の点に配慮しながら摂取カロリーを抑えていけば、栄養バランスを崩す事なく、順調にダイエットを進めていく事ができます。
アドバイスしてくれる人が身近にいない人は、専門家へ相談するのも良い方法です。栄養士やサプリメントアドバイザーが在籍しているスポーツジム等の施設を利用すれば、安全で効率的に栄養管理ができる様になります。